コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉桂 しょうけい Yè Guì

1件 の用語解説(葉桂の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうけい【葉桂 Yè Guì】

1667‐1746
中国,清代のすぐれた臨床医家。字は天士。呉県(江蘇省)の人。治療に際しては先人の処方にとらわれず,病の証をよく見極めて処方を決定すべきであると説いた。温病を得意とし,呉有性の説をさらに発展させたが,温病には体内の伏気によって発するものと,外感によって発するものとがあると考えた。著述は非常に少なく,《温熱論》と《臨床指南医案》が知られている。【赤堀 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の葉桂の言及

【中国医学】より

…彼によるとこの病気は風とか寒などによるものではなく,天地の間に存在する戻気という一種の異気に感じて起こるもので,戻気は口や鼻から体内に入り,膜原すなわち横隔膜のあたりにやどるという。温病説はその後さらに進展をみせ,葉桂(1667‐1746)の《温証論治》(1746)などが著されている。本草もこの時代に大きく進歩した分野で,李時珍の《本草綱目》(1596ころ刊)はさまざまの評価を持った書であるが,それ以後この分野の研究の中心になり,これを無視して明末以後の本草を論ずることができないことだけは確かである。…

※「葉桂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

葉桂の関連キーワード驥足七等蘇張唐詩能吏妙境優れ物

葉桂の関連情報