コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温病 おんびょうwēn bìng

世界大百科事典 第2版の解説

おんびょう【温病 wēn bìng】

中国医学の病名の一つで,種々の発熱性急性伝染病の総称であるが,その内容は時代によって必ずしも同じではない。瘟疫(おんえき)とか天行病という語もほぼ同じ意味に用いられていて,外邪によって起こされるとされていた。傷寒も一種の伝染病であるが,温病には含まれない。温病の概念は明代の王履の《医経溯洄集》,呉有性の《温疫論》により確立された。【赤堀 昭】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

温病の関連キーワード漢方医学葉桂

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android