葉状水泡状連晶(読み)ようじょうすいほうじょうれんしょう(英語表記)lamellar snd bleb-like intergrowth

岩石学辞典の解説

葉状水泡状連晶

この組織のよく知られた例はパーサイト組織(perthitic texture)で,本体のKに富む長石の中に葉状のNaに富む長石が含まれている.葉状の輝石が他の主結晶の中に含まれるもの,葉状のチタン鉄鉱が固溶体結晶内に含まれるもの,橄欖(かんらん)石の中にクロム鉄鉱─磁鉄鉱が含まれるもの,などの例がある.この連晶組織はしばしば主結晶の溶離(exsolution)によるとされ,成因的な溶離組織(exsolution texture)が用いられることがある.しかし実験では二種の長石が熔融体から同時に結晶作用によって形成されている.溶離組織を無批判的に用いることは危険である[MacKenzie, et al. : 1982].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android