コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉状水泡状連晶 ようじょうすいほうじょうれんしょう lamellar snd bleb-like intergrowth

1件 の用語解説(葉状水泡状連晶の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

葉状水泡状連晶

この組織のよく知られた例はパーサイト組織(perthitic texture)で,本体のKに富む長石の中に葉状のNaに富む長石が含まれている.葉状の輝石が他の主結晶の中に含まれるもの,葉状のチタン鉄鉱固溶体結晶内に含まれるもの,橄欖(かんらん)石の中にクロム鉄鉱磁鉄鉱が含まれるもの,などの例がある.この連晶組織はしばしば主結晶の溶離(exsolution)によるとされ,成因的な溶離組織(exsolution texture)が用いられることがある.しかし実験では二種の長石が熔融体から同時に結晶作用によって形成されている.溶離組織を無批判的に用いることは危険である[MacKenzie, et al. : 1982].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葉状水泡状連晶の関連キーワードバイパータイト組織輝石パーサイト偽パーサイトダブル・パーサイトグラニトトラカイト組織スピライト組織タクサイト組織ハリサイト組織青年層中心の組織女性中心の組織

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone