コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連晶組織 れんしょうそしき intergrowth texture

1件 の用語解説(連晶組織の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

連晶組織

二種類以上の鉱物相が相互に貫入し合った組織.薄片で二種類の結晶の接合した境界は直線や複雑な曲線などになる.複雑な境界線の場合に結晶は互いに組合うか重なり合っており,多分密接に互いに埋めあっている.普通はこれらの結晶は他形で,一方か両方とも骸晶,樹枝状,放射状などとなる.数多くの結晶が同じ方向につながって一本の線状になった形状のこともいう[MacKenzie, et al. : 1982].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連晶組織の関連キーワードポリジーン共融点不均化交差概念多源擬共融共融組織グラフィック組織貫入シュリーレン複貫入

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone