コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉脚 ようきゃくleaf base

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉脚
ようきゃく
leaf base

植物の (葉身) の基部をいい,葉先 (葉尖) に対する語。葉底とも呼ぶ。葉脚と葉先と葉の周縁部分 (葉縁) を合せたものが葉身である。全体として,心 (心臓) 形,ほこ形,鏃形などさまざまな形をとる。葉脚となる部分が極端に発達して癒合したものが楯 (たて) 形で,ハスなどスイレン科のものにみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

葉脚の関連キーワードハウチワカエデ(羽団扇楓)コタニワタリ(小谷渡り)コクサギ(小臭木)ショウブ(菖蒲)チャルメルソウムラサキオモト鰓脚類

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android