著作権登録図書館(読み)ちょさくけんとうろくとしょかん(英語表記)copyright library

図書館情報学用語辞典 第5版「著作権登録図書館」の解説

著作権登録図書館

著作権が登録により発生するとの考え方はヨーロッパに固有なものであり,これを受理する機構は国によりさまざまな姿をとってきた.著作権法および納本制度はいずれの国でも定めているが,図書館は一般に著作権のある資料を受け取り,保存する場所であって,著作権を認める機関とはなっていない.著作権資料受理局を図書館が構えているケースとしては,米国がある.米国では,無方式主義のベルヌ条約加盟以前は,著作権が保護されるには米国議会図書館内の著作権局(United States Copyright Office)への登録を必要とし,加盟後においても,同局に登録された国内刊行物は,著作権訴訟などで有利な扱いを受けることになっている.著作権登録のための資料受理,保存機構を国の図書館とは別に作っている国もある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android