米国議会図書館(読み)べいこくぎかいとしょかん(英語表記)Library of Congress

図書館情報学用語辞典 第5版「米国議会図書館」の解説

米国議会図書館

1800年に設立された米国の連邦議会図書館・国立図書館であり,世界最大規模の図書館.建物は現在3館からなる.図書約3,900万冊をはじめ,総資料点数は1億6,800万点に上る(2019年現在).米国の法定納本図書館であり,著作権の登録も行う.20世紀初めに開始した目録カードの印刷・頒布サービスを1997年に中止し,現在はMARC 21を作成・頒布する.議会に対する調査サービス,国民に対するサービス,法律図書館,視覚および身体障害者に対する図書館サービスの全国センター,読書振興の全国センター,インターネットを通じた情報提供など多彩な活動を行い,国内のみならず,世界の図書館活動に大きな影響を与えている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android