著作記号(読み)ちょさくきごう(英語表記)work mark

図書館情報学用語辞典の解説

著作記号

同一著者による著作を,さらに個々の著作ごとに個別化するための記号.図書記号の補助として,完全な個別化を行う場合に,この記号を用いることがある.記号法としては,タイトルの頭文字,受入順記号などを用いる.同じタイトルのものには版次記号,複本には複本記号を与えるなどして,さらに個別化を行う場合もある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android