コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛井道依 ふじいの みちより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛井道依 ふじいの-みちより

?-? 奈良時代の官吏。
天平神護(てんぴょうじんご)元年(765)藤原仲麻呂追討の功により外従五位下。勅旨省の大丞(たいじょう)となり,3年道鏡のために法王宮職(ほうおうぐうしき)が設置されたとき,大進(たいしん)をかねる。のち内匠頭(たくみのかみ),中宮亮(ちゅうぐうのすけ),越後守(えちごのかみ),春宮(とうぐうの)亮などを歴任。正五位下。延暦(えんりゃく)10年(791)連(むらじ)から宿禰(すくね)姓にあげられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

葛井道依の関連キーワード天平神護阿保親王葛井藤子奈良時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android