葛井道依(読み)ふじいの みちより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛井道依 ふじいの-みちより

?-? 奈良時代の官吏。
天平神護(てんぴょうじんご)元年(765)藤原仲麻呂追討の功により外従五位下。勅旨省の大丞(たいじょう)となり,3年道鏡のために法王宮職(ほうおうぐうしき)が設置されたとき,大進(たいしん)をかねる。のち内匠頭(たくみのかみ),中宮亮(ちゅうぐうのすけ),越後守(えちごのかみ),春宮(とうぐうの)亮などを歴任。正五位下。延暦(えんりゃく)10年(791)連(むらじ)から宿禰(すくね)姓にあげられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android