大丞(読み)だいじょう

精選版 日本国語大辞典「大丞」の解説

だい‐じょう【大丞】

〘名〙
① 大弁(だいべん)唐名
職原鈔(1340)上「大弁二人 〈相当従四位上。唐名尚書左右大丞〉」
② 明治二年(一八六九)に制定された官制で、各省大学校に設置された官名。〔広益熟字典(1874)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android