コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勅旨省 ちょくししょう

1件 の用語解説(勅旨省の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくししょう【勅旨省】

奈良時代に置かれた令外の官制。具体的内容は未詳。《続日本紀》の天平宝字8年(764)10月の記事に勅旨員外大輔の任命がみえるから淳仁天皇の時代に藤原仲麻呂の政策によって新しく設置された省と思われ,782年(延暦1)4月,桓武天皇行政簡素化の方針によって廃止された。《続日本紀》等にみえる官人任命の記事によって,卿,大輔,少輔,大丞等四等官制で構成された省で,雑色匠手など服翫の諸用具を製作した技術者がいたことが判明するが,その具体的組織,活動は史料がなく未詳である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勅旨省の関連キーワード按察使市司知太政官事鎮守府外衛府総管総国分寺総国分尼寺令外の官駅屋

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone