コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛城韓媛 かずらきの からひめ

2件 の用語解説(葛城韓媛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛城韓媛 かずらきの-からひめ

記・紀にみえる雄略天皇の妃。
葛城円(つぶら)の娘。「日本書紀」によれば,安康天皇を殺害した眉輪(まよわ)王をかくまったため雄略天皇に攻められた父によって贖罪(しょくざい)のために,雄略天皇にささげられた。清寧天皇と稚足姫(わかたらしひめの)皇女を生む。「古事記」では韓比売,訶良比売。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

葛城韓媛

生年:生没年不詳
5世紀半ば,雄略天皇の皇子時代からの妃。葛城円 大臣の娘。安康天皇の死後,皇位継承争いが発生したが,『日本書紀』雄略天皇即位前紀によると,眉輪王と雄略天皇の兄の坂合黒彦皇子が円大臣の家へ逃げ込んだ。円は雄略天皇に娘の韓媛と葛城(奈良県御所市西部)の宅7区を献上してかくまった罪の許しを求めた。結局は許されず円は殺されたが,韓媛は雄略の妃となった。『古事記』安康天皇の条によると,雄略はすでに妻問いをしており相手を知っていた。葛城氏の没落により,以後葛城氏出身の后妃はいない。清寧天皇と伊勢斎王となった稚足姫皇女を生む。

(小林茂文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葛城韓媛の関連キーワード磐城皇子大中姫春日大娘皇女吉備上道臣吉備稚媛草香幡梭姫皇女坂合黒彦皇子根使主日影皇女荑媛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone