コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛城韓媛 かずらきの からひめ

2件 の用語解説(葛城韓媛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛城韓媛 かずらきの-からひめ

記・紀にみえる雄略天皇の妃。
葛城円(つぶら)の娘。「日本書紀」によれば,安康天皇を殺害した眉輪(まよわ)王をかくまったため雄略天皇に攻められた父によって贖罪(しょくざい)のために,雄略天皇にささげられた。清寧天皇と稚足姫(わかたらしひめの)皇女を生む。「古事記」では韓比売,訶良比売。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

葛城韓媛

生年:生没年不詳
5世紀半ば,雄略天皇の皇子時代からの妃。葛城円 大臣の娘。安康天皇の死後,皇位継承争いが発生したが,『日本書紀』雄略天皇即位前紀によると,眉輪王と雄略天皇の兄の坂合黒彦皇子が円大臣の家へ逃げ込んだ。円は雄略天皇に娘の韓媛と葛城(奈良県御所市西部)の宅7区を献上してかくまった罪の許しを求めた。結局は許されず円は殺されたが,韓媛は雄略の妃となった。『古事記』安康天皇の条によると,雄略はすでに妻問いをしており相手を知っていた。葛城氏の没落により,以後葛城氏出身の后妃はいない。清寧天皇と伊勢斎王となった稚足姫皇女を生む。

(小林茂文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone