コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛城円 かずらきの つぶら

3件 の用語解説(葛城円の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛城円 かずらきの-つぶら

記・紀にみえる豪族。
葛城玉田の子。「日本書紀」によれば,履中天皇の時代に政務をとったという。安康天皇を殺害した眉輪(まよわ)王を邸内にかくまったために,安康天皇の弟大泊瀬(おおはっせの)皇子(のちの雄略天皇)に攻められ,娘の韓媛(からひめ)と宅七区(いえななところ)を献上したがゆるされず,眉輪王らとともにやき殺されたという。「古事記」では都夫良。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かずらぎのつぶら【葛城円】

5世紀の大和の有力豪族葛城氏の出身で,大臣(おおおみ)と伝えられる。襲津彦(そつひこ)の孫で葛城玉田宿禰(すくね)の子。《日本書紀》雄略天皇条によると,安康天皇を殺した眉輪(まよわ)王(皇后先夫の子)が円を頼ってきたため,安康の弟雄略に攻められ,王らとともに焼き殺された。その女韓姫は雄略の妃となったが,この事件以後葛城氏は急速に勢力を失い,その後まもなく蘇我氏が有力な地位を占めた。【原島 礼二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛城円
かつらぎのつぶら
(?―456ころ)

記紀には円大臣(おおおみ)(円大使主(おおおみ))、都夫良意富美(つぶらおおみ)の名で記される。大臣(おおおみ)は官職ではなく尊称。『公卿補任(くぎょうぶにん)』に玉田宿禰(たまたのすくね)の子とある。『日本書紀』によれば、履中(りちゅう)天皇2年、平群木菟宿禰(へぐりのつくのすくね)、蘇賀満智宿禰(そがのまちのすくね)、物部伊弗大連(もののべのいこふのおおむらじ)と国政を執(と)り、安康(あんこう)天皇3年、天皇を殺害した眉輪王(まよわのおおきみ)らを自宅にかくまい大泊瀬(おおはつせ)皇子(雄略(ゆうりゃく))により焼殺されたという。贖罪(しょくざい)のため女(むすめ)の韓媛(からひめ)と宅七区(ななところ)を献じたが許されなかった。[加藤謙吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葛城円の関連キーワード大臣豪族大伴葛城の神葛城川相馬と千葉のつながり葛城磐之媛葛城韓媛三浦義継和珥武振熊

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone