コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛城円 かずらきの つぶら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛城円 かずらきの-つぶら

記・紀にみえる豪族。
葛城玉田の子。「日本書紀」によれば,履中天皇の時代に政務をとったという。安康天皇を殺害した眉輪(まよわ)王を邸内にかくまったために,安康天皇の弟大泊瀬(おおはっせの)皇子(のちの雄略天皇)に攻められ,娘の韓媛(からひめ)と宅七区(いえななところ)を献上したがゆるされず,眉輪王らとともにやき殺されたという。「古事記」では都夫良。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かずらぎのつぶら【葛城円】

5世紀の大和の有力豪族葛城氏の出身で,大臣(おおおみ)と伝えられる。襲津彦(そつひこ)の孫で葛城玉田宿禰(すくね)の子。《日本書紀》雄略天皇条によると,安康天皇を殺した眉輪(まよわ)王(皇后先夫の子)が円を頼ってきたため,安康の弟雄略に攻められ,王らとともに焼き殺された。その女韓姫は雄略の妃となったが,この事件以後葛城氏は急速に勢力を失い,その後まもなく蘇我氏が有力な地位を占めた。【原島 礼二】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛城円
かつらぎのつぶら
(?―456ころ)

記紀には円大臣(おおおみ)(円大使主(おおおみ))、都夫良意富美(つぶらおおみ)の名で記される。大臣(おおおみ)は官職ではなく尊称。『公卿補任(くぎょうぶにん)』に玉田宿禰(たまたのすくね)の子とある。『日本書紀』によれば、履中(りちゅう)天皇2年、平群木菟宿禰(へぐりのつくのすくね)、蘇賀満智宿禰(そがのまちのすくね)、物部伊弗大連(もののべのいこふのおおむらじ)と国政を執(と)り、安康(あんこう)天皇3年、天皇を殺害した眉輪王(まよわのおおきみ)らを自宅にかくまい大泊瀬(おおはつせ)皇子(雄略(ゆうりゃく))により焼殺されたという。贖罪(しょくざい)のため女(むすめ)の韓媛(からひめ)と宅七区(ななところ)を献じたが許されなかった。[加藤謙吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

葛城円の関連キーワード大臣(おおおみ)坂合黒彦皇子稚足姫皇女葛城韓媛清寧天皇

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android