葛木寺(読み)かつらぎでら

精選版 日本国語大辞典の解説

かつらぎ‐でら【葛木寺】

(古くは「かづらきでら」) 聖徳太子建立の七寺の一つ。葛城氏の氏寺ともいわれ、大同年間(八〇六‐八一〇)まで栄えた。旧跡は奈良県橿原市和田町、御所市朝妻など諸説ある。平城遷都後、左京五条六坊(奈良市南京終町)に移転。葛木尼寺。葛城寺。妙安寺。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android