コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七寺 ななつでら

2件 の用語解説(七寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七寺
ななつでら

名古屋市中区にある真言宗智山派の寺。奈良時代末頃,正覚院の知光が,秋田の任地にある父紀是広を慕ってきて病没した光麿を念じて,薬師如来を安置して修法した結果,しばしの間よみがえらせて父に対面させることができたといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七寺
ななつでら

愛知県名古屋市中区大須(おおす)にある真言(しんごん)宗智山(ちざん)派の寺。735年(天平7)行基(ぎょうき)の開創。稲園山正覚院長福寺(とうえんざんしょうがくいんちょうふくじ)と号した。787年(延暦6)河内権守(かわちごんのかみ)の紀是広(きのこれひろ)が7歳で死んだ愛児光麿(みつまろ)の菩提(ぼだい)のため、七区に仏閣と12の僧坊を建立した。以来、俗に「七つ寺」と称されるようになった。その後、たびたびの兵乱により伽藍(がらん)を焼失、寺基を中島郡七寺村(現稲沢市)に、さらに清洲(きよす)(名古屋市北西)に移してのち、1611年(慶長16)現在地に移った。1730年(享保15)には伽藍ようやく調い徳川藩主の祈願所となり、1879年(明治12)智積院(ちしゃくいん)末寺となる。1945年(昭和20)3月戦災により本尊阿弥陀如来(あみだにょらい)とともに堂宇を焼失したが、さいわい脇侍(わきじ)の観音・勢至菩薩坐像(せいしぼさつざぞう)は残り、現在、国の重要文化財に指定されている。また「紙本墨書一切経」4954巻(国重要文化財)は、尾張権守(おわりごんのかみ)大中臣朝臣(おおなかとみのあそん)安長(やすなが)が亡き娘の菩提のため、能筆の人を広く探し求めて1175年(安元1)より78年(治承2)に至る4年間に書写させたもので、現存一切経では五番目に古いものとされる。[野村全宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

七寺の関連情報