コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛城氏 かつらぎうじ

2件 の用語解説(葛城氏の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

葛城氏【かつらぎうじ】

〈かずらき〉ともいう。日本古代の豪族。本拠は大和(やまと)葛城地方。葛城臣(おみ)は武内宿禰(たけうちのすくね)の子孫の宗家といい,武将葛城襲津彦(そつひこ)らを出して有力であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛城氏
かつらぎうじ

5世紀に大王家の外戚(がいせき)として栄えた大和(やまと)葛城地方の豪族。奈良県御所(ごせ)市掖上(わきがみ)の地から葛城(かつらぎ)市あたりまでを本拠地とした。記紀に襲津彦(そつひこ)、葦田宿禰(あしたのすくね)、玉田宿禰(たまたのすくね)、円大臣(つぶらのおおおみ)の名が認められ、襲津彦の女(むすめ)磐之媛(いわのひめ)は仁徳天皇(にんとくてんのう)皇后で履中(りちゅう)・反正(はんぜい)・允恭(いんぎょう)3天皇の母、葦田宿禰の女黒媛(くろひめ)は履中妃(ひ)で顕宗(けんそう)・仁賢(にんけん)両天皇の祖母、円大臣の女韓媛(からひめ)は雄略(ゆうりゃく)妃で清寧天皇(せいねいてんのう)の母とされ、さらに顕宗・仁賢の母を『日本書紀』は蟻臣(ありのおみ)(葦田宿禰の子)の女(はえひめ)と記している。氏姓制度が確立する以前の豪族であり、その氏族的実態は不明の点が少なくないが、襲津彦は4世紀末の大和王権の対外交渉の任にあたった実在の将軍とみられ、前記の后妃記事もいちおう信用してよいと思われる。玉田宿禰と円大臣は允恭・雄略両天皇に誅(ちゅう)されており、当初大王家と協調関係にあったこの大族もしだいにこれと対立するようになり、雄略の即位とともに滅亡した。『古事記』の建内宿禰(武内宿禰)(たけしうちのすくね)後裔(こうえい)27氏中に葛城氏の名がみえないのはそのためである。[加藤謙吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葛城氏の関連キーワード鬘く真葛段葛水鬘青木和夫葛城皇子葛城玉田葛城円葛城広子吉田晶

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

葛城氏の関連情報