董 建華(読み)トウ ケンカ(英語表記)Tung Chee-hwa

現代外国人名録2012の解説

董 建華
トウ ケンカ
Tung Chee-hwa


国籍
中国

専門
政治家;実業家

肩書
中国人民政治協商会議(政協)副主席 香港特別行政区行政長官;オリエント・オーバーシーズ(OOIL)会長

生年月日
1937/5/29

出生地
上海

学歴
リバプール大学〔1960年〕卒

経歴
海運王、董浩雲の長男。1947年家族とともに香港へ移住。米国の企業勤務を経て、’69年香港に戻り、父の海運会社・オリエント・オーバーシーズ社(OOIL)に入社、’79年父のあとを次いで同社会長に就任。’92年10月パッテン総督から行政評議会議員に指名される。’95年12月香港特別行政区準備委員会の副主任に選任され、’96年6月香港特別行政区行政長官選挙に立候補、12月当選。’97年7月1日英国から香港が返還され、初代行政長官に就任。2002年7月再任。2005年2月中国人民政治協商会議(政協)委員、3月同副主席。同月任期途中で行政長官を辞任。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

董 建華の関連情報