コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葭蘆仲住 よしあし なかずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葭蘆仲住 よしあし-なかずみ

1788-1847 江戸時代後期の狂歌師。
天明8年生まれ。代々質屋をいとなみ,江戸青山久保町にすむ。父佐野渡(さのの-わたり)にまなぶ。妻の四方山詠女(よもやま-ながめ)も狂歌師として知られた。弘化(こうか)4年10月2日死去。60歳。姓は田沼。名は有謙。通称は友五郎,小右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

葭蘆仲住の関連キーワードラングハンスベリンスキーリベリアサリエリラ=ペルーズホール朋誠堂喜三二アメリカ合衆国憲法オーストラリア・ニュージーランド文学喜多川歌麿

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android