コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田沼 たぬま

4件 の用語解説(田沼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田沼
たぬま

栃木県南西部,佐野市西北部の旧町域。足尾山地の南麓にある。 1889年町制。 1954年野上村,三好村の2村と合体。 1956年には新合村,飛駒村の2村を編入。 2005年佐野市,葛生町と合体して佐野市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たぬま【田沼】

姓氏の一。
[補説]「田沼」姓の人物
田沼意次(たぬまおきつぐ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たぬま【田沼】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田沼
たぬま

栃木県南西部、安蘇(あそ)郡にあった旧町名(田沼町(まち))。現在は佐野市の中部から北西部を占める一地区。旧田沼町は、1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)野上(のがみ)、三好(みよし)の2村と合併、1956年飛駒(ひこま)、新合(しんごう)の2村を編入。2005年(平成17)佐野市に合併。東武鉄道佐野線と国道293号が通じ、北関東自動車道の佐野田沼インターチェンジがある。中心集落の田沼は足尾山地南麓(なんろく)の扇状地にある谷口集落である。旧町域の西部を旗川、東部を秋山川が南流するが、大半は山岳部で占められる。佐野機業圏としての縫製業中心の繊維工業と粘土瓦(ねんどがわら)の製造、砕石鉱業、製材木工業が盛んで、工業団地も造成されている。農産物ではイチゴ、大麦、シイタケなどの生産に特色がある。南東部に唐沢(からさわ)山があり、唐沢山神社と城跡を含め県立自然公園となっている。田沼駅周辺は一瓶塚稲荷(いっぺいづかいなり)神社の門前町として発達、いまでも初午(はつうま)には植木市などでにぎわう。[村上雅康]
『『田沼町史』全7巻(1981~1986・田沼町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田沼の関連キーワード栃木県佐野市大橋町栃木県佐野市葛生東栃木県佐野市大町栃木県佐野市高砂町栃木県佐野市田沼町栃木県佐野市豊代町栃木県佐野市西浦町栃木県佐野市堀米町栃木県佐野市本町栃木県佐野市町谷町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田沼の関連情報