コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒔岡鶴子 まきおか つるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蒔岡鶴子 まきおか-つるこ

谷崎潤一郎の小説「細雪(ささめゆき)」の登場人物。
大阪船場の旧家の長女。婿をとって家をつぐが,暖簾(のれん)は人にゆずり,銀行員となった夫とともに東京にうつる。世間知らずで悠長なため,妹雪子の見合いのさまたげになったりする。小説は昭和18年から「中央公論」に発表。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

蒔岡鶴子の関連キーワード谷崎潤一郎

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android