コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒙古律例 もうこりつれいmeng gu lü li

1件 の用語解説(蒙古律例の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒙古律例
もうこりつれい
meng gu lü li

中国,清代の法典。清朝の蒙古統治のために乾隆6 (1741) 年に公布され,以後数回改められた。行政規定のほか多くの裁判規定や刑法規定を収め,およそ 209条,12巻。適用範囲は蒙古の王公以下,喇嘛 (ラマ) ,一般庶民に及んだ。蒙古統治の基本策が示され,特に刑法や行政規定の面で中国法が顕著に反映しているが,賠償制などのように蒙古固有法に由来する規定もみられ,そのほか固有の慣習法にゆだねられたところも少くない。嘉慶,道光,光緒年間 (1795~1908) に3度「理藩院則例」 (最後のものは「理藩部則例」) が制定され,いずれも蒙古律例よりも一層広範囲に行政規定を含むものであり,蒙古律例はこれらの則例のなかに発展的に吸収された。ともに蒙古研究の有力な史料である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone