蓮宮(読み)れんぐう

精選版 日本国語大辞典「蓮宮」の解説

れん‐ぐう【蓮宮】

〘名〙 (「仏のいる宮殿」の意)
① 寺院。仏堂。
※性霊集‐七(835頃)為故藤中納言奉造十七尊像願文「伏願、藉此良縁、奉翊尊霊。朗覚月於心台、曜恵日於蓮宮
② 密教で、八葉蓮華台上にある宮殿。密厳浄土をいう。
※性霊集‐七(835頃)菅平章事奉為四恩造功徳願文「不如、追那舎之勝躅、済於蓮宮
③ 浄土にある宮殿。〔皇甫冉‐望南山雪懐山寺普上人〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android