蔓亀葉草(読み)つるかめばそう

大辞林 第三版の解説

つるかめばそう【蔓亀葉草】

ムラサキ科の多年草。山中の湿った草地にまれに生える。茎はつる状でところどころから根を出す。根葉は柄が長く、卵形で先がとがる。春、淡青色の小花を数個総状花序につける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つる‐かめばそう ‥かめばサウ【蔓亀葉草】

〘名〙 ムラサキ科の多年草。本州中部以北のやや湿った山野にまれに生える。高さ約二〇センチメートル。茎から出た新枝が地をはって長く伸び、ところどころに根をおろして新株をつくる。葉は卵形、葉柄がある。夏、葉腋から花軸を伸ばし、瑠璃色の花を約一〇個総状につけて咲く。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android