蔵男・倉男(読み)くらおとこ

精選版 日本国語大辞典「蔵男・倉男」の解説

くら‐おとこ ‥をとこ【蔵男・倉男】

〘名〙
① (「くら」は銀蔵(かねぐら)) 遊女が必要な時に金を出させるためのなじみ客。
※評判記・難波鉦(1680)二「くらおとこと申物こしらへます、〈〉なるほどしんじつなるおとこのかねもちのふかまのことでござんす」
酒蔵で、酒をつくる仕事をする男。
※俳諧・俳諧発句千葉集(1841)秋「蔵男五人兄弟のぼりけり〈左手麿〉」
亀甲鶴(1896)〈小栗風葉〉三「いづれも五躰に(もろみ)の匂浸みたる永年の倉男(クラヲトコ)なれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android