コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波鉦 なにわどら

世界大百科事典 第2版の解説

なにわどら【難波鉦】

遊女評判記。酉水庵無底居士著。6巻6冊。1680年(延宝8)3月撰の序,後序があり,本書の返答書(批判書)の出版時期から1680年刊行と推定される。大坂新町遊女名寄せ(名簿)を兼ねて色道諸分(しよわけ)(遊女が客に対応する仕方)を述べた書。〈初冠〉〈釣針〉以下,〈恋手引(こいのてびき)〉〈雲井月(くもいのつき)〉まで100章に分け,それぞれに章名と太夫,天神の名とを掲げて,遊女が客の質問に答えるという構成をとる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

難波鉦の関連キーワード小分・少分遊女評判記八幡大菩薩びたびた下さんす御座んすてんぽ化け川竹方様小分

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android