コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難波鉦 なにわどら

1件 の用語解説(難波鉦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なにわどら【難波鉦】

遊女評判記。酉水庵無底居士著。6巻6冊。1680年(延宝8)3月撰の序,後序があり,本書の返答書(批判書)の出版時期から1680年刊行と推定される。大坂新町の遊女の名寄せ(名簿)を兼ねて色道の諸分(しよわけ)(遊女が客に対応する仕方)を述べた書。〈初冠〉〈釣針〉以下,〈恋手引(こいのてびき)〉〈雲井月(くもいのつき)〉まで100章に分け,それぞれに章名と太夫,天神の名とを掲げて,遊女が客の質問に答えるという構成をとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

難波鉦の関連キーワード猿蓑色道大鏡徳川禁令考評判記役者評判記遊女評判記一言居士居士衣処女評判善悪鏡

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone