コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵縁 ぞうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蔵縁 ぞうえん

伝説上の僧。
奈良時代,加賀(石川県)の白山(はくさん)をひらいたとされる泰澄(たいちょう)の弟子といわれる。地蔵菩薩(ぼさつ)を信仰し,白山,立山にのぼって修行した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蔵縁の関連キーワード地蔵縁起絵巻伊藤比呂美大乗起信論真如縁起藤原元命高階隆兼奈良時代高勝寺石童丸矢田寺如来蔵楞伽経縁切り縁起満米雪洞

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android