コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄翅蜉蝣 ウスバカゲロウ

デジタル大辞泉の解説

うすば‐かげろう〔‐かげろふ〕【薄×翅蜉蝣】

脈翅(みゃくし)目ウスバカゲロウ科の昆虫。体長約3.5センチでトンボに似るが、飛び方は弱々しい。触角は太く目立つ。翅(はね)は透明で柔らかく、網状の脈がある。6~10月に羽化。幼虫は、蟻地獄(ありじごく)とよばれる。 夏》「今宵また―灯に/立子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

薄翅蜉蝣の関連キーワードありじごく

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android