コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟻地獄 アリジゴク

デジタル大辞泉の解説

あり‐じごく〔‐ヂゴク〕【×蟻地獄】

ウスバカゲロウ類の幼虫。体長約1センチ。鎌(かま)状の大あごをもち、乾燥した土をすり鉢状に掘って巣を作り、底にひそんで落ちたアリなどを捕らえる。あとじさり。すりばちむし。 夏》「―見て光陰をすごしけり/茅舎
1の作ったすり鉢状の穴。脱け出せない苦しい状況のたとえにもいう。「蟻地獄からはい上がれない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ありじごく【蟻地獄】

ウスバカゲロウの幼虫。体長約1センチメートル。乾いた土や砂にすり鉢状の穴を掘り、その底に隠れて落ち込んだアリなどを捕食する。すりばちむし。あとびさり。あとじさり。 [季] 夏。
の作る穴。抜け出すことの困難な悪状況のたとえにもいう。 「 -に落ちる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蟻地獄の関連情報