コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薦豆腐 こもどうふ

1件 の用語解説(薦豆腐の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

こもどうふ【薦豆腐/菰豆腐】


豆腐をわらや巻きすなどで包んですが入るまでゆでたり蒸したりしたもの。そのまましょうゆをつけて食べることもあるが、煮物や汁物に用いることが多い。すが入っているので味がよくなじむ。岐阜県飛騨地方、愛知、茨城などの郷土食で、鳥取県倉吉地方には芯ににんじん・ごぼうなどを入れたものもある。◇同様のものに、福島県会津地方、愛媛などの「つと豆腐」、長野県諏訪地方、長崎県五島地方などの「筒豆腐」、熊本県阿蘇地方、山口、島根などの「ずぼ豆腐」、鳥取の「すじ豆腐」などがあり、茨城のものは「つと豆腐」、愛媛のものは「すまき豆腐」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薦豆腐の関連キーワード紙包み苞豆腐藁蓋揚豆腐石焼豆腐埋み豆腐木が入る年季が入る薦豆腐/菰豆腐包み揚げ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone