薩摩文学(読み)さつまぶんがく

精選版 日本国語大辞典「薩摩文学」の解説

さつま‐ぶんがく【薩摩文学】

〘名〙 漢学派の一つ。室町から江戸初期にかけて薩摩国鹿児島県)におこったもの。桂庵玄樹が文明九年(一四七七)薩摩国に招かれ、その学派が玄章・月・二洲・文之を経て、明暦元年(一六五五)如竹の死に至るまで続いた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android