桂庵玄樹(読み)けいあんげんじゅ

日本大百科全書(ニッポニカ)「桂庵玄樹」の解説

桂庵玄樹
けいあんげんじゅ
(1427―1508)

室町時代の臨済(りんざい)宗聖一(しょういち)派の別号島陰(とういん)。長門(ながと)(山口県)赤間関の人。9歳で南禅寺雲興庵(うんこうあん)の景蒲玄忻(けいほげんきん)に師事し、おもに京都五山で内外の典籍を学び、宋儒(そうじゅ)の学に長じた。1467年(応仁1)遣(けんみん)使に従って入明、朱子学などを学んで帰国し、島津氏の招聘(しょうへい)により薩摩(さつま)(鹿児島県)に桂樹庵(島陰寺)を開いて宋学を講じた。1481年(文明13)朱子(朱熹(しゅき))の新注を刻した『大学章句』を刊行するなどして、薩南(さつなん)学派のとなった。また日向(ひゅうが)(宮崎県)安国寺を兼住、さらに建仁寺、南禅寺にも住し、永正(えいしょう)5年6月15日示寂。『島陰漁唱』『島陰雑考』『家法和点』などのがある。

[石川力山 2017年6月20日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典「桂庵玄樹」の解説

桂庵玄樹

年:永正5.6.15(1508.7.12)
生年:応永34(1427)
室町時代の臨済宗の僧。周防,一説に長門(共に山口県)の人。別号島陰。儒学に秀で,西国を中心とした薩南学派の祖とされる。9歳で南禅寺に入り景蒲玄忻に随侍,惟正明貞に師事して朱子学を学んだ。応仁1(1467)年に遣明使の随行として入明,7年間にわたって儒学を研鑚した。帰国ののち,肥後(熊本県)の隈部忠直に招かれて宋学を講じる。こののち九州を中心に活動,島津氏一族の篤い帰依を受けて薩摩(鹿児島県)に島陰寺(桂樹庵)を構えた。その学系は文之玄昌から藤原惺窩におよび近世朱子学の源流となった。また,独自の訓点法を記した『家法倭点』は,儒学史上きわめて重要視される。<著作>『桂庵和尚家法倭点』『島陰漁唱』<参考文献>武藤長平「桂庵禅師と薩藩の学風」(『歴史地理』21巻2号)

(石井清純)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「桂庵玄樹」の解説

桂庵玄樹 けいあん-げんじゅ

1427-1508 室町-戦国時代の僧。
応永34年生まれ。臨済(りんざい)宗。南禅寺の景蒲玄忻(けいほ-げんきん)の法をつぐ。応仁(おうにん)元年明(みん)(中国)にわたって朱子学をまなぶ。帰国後,薩摩(さつま)(鹿児島県)島陰寺で朱子学をおしえ,文明13年伊地知(いじち)重貞とともに朱子の「大学章句」を刊行。薩南学派の祖とよばれる。永正(えいしょう)5年6月15日死去。82歳。周防(すおう)(山口県)出身。別号に島陰。著作に「島陰漁唱」「桂庵和尚家法倭点」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「桂庵玄樹」の解説

桂庵玄樹
けいあんげんじゅ

1427〜1508
室町後期の臨済宗の僧。薩南学派の祖
長門 (ながと) の人。1467年入明し『尚書 (しようしよ) 』を学ぶ。'73年帰国後,石見 (いわみ) ・筑後肥前を遍歴し,釈奠 (せきてん) (孔子を祭る典礼)を行い儒書を講じた。'78年薩摩の島津忠昌に招かれ,朱子学を講じ薩南学派をおこした。『大学章句』を初めて出版,四書五経の句読法を一定した「家法倭点」を定め,日本朱子学史上に一時期を画した。また詩文集として『島陰漁唱』などがある。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

百科事典マイペディア「桂庵玄樹」の解説

桂庵玄樹【けいあんげんじゅ】

室町中期の臨済宗の僧,儒家。号は島陰(とういん)。周防(すおう)の人。明(みん)にあること7年,のち薩摩(さつま)・日向(ひゅうが)に住した。ことに《尚書》に詳しく,四書の新注の訓法は,岐陽(きよう)不二から惟肖得巌(いしょうとくがん)を経て桂庵に伝わり,その改訂を受け,さらに3代後の弟子の文之玄昌(ぶんしげんしょう)により世に普及した。著書《島陰漁唱》《島陰雑著》《家法倭点(わてん)》。
→関連項目薩南学派

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「桂庵玄樹」の解説

桂庵玄樹
けいあんげんじゅ

[生]応永34(1427).周防,山口
[没]永正5(1508).6.15. 薩摩,伊敷
室町時代後期の臨済宗の僧。別号は島陰。応仁1 (1467) 年遣明使天与清啓に従って中国に渡り,文明5 (73) 年帰朝し石見から筑後,肥前など諸国をめぐって儒学を講じ,同 10年島津忠昌に招かれ薩摩に桂樹庵を開講し,薩南学派の基をつくった。著書に『外集』『島陰漁唱』『島陰雑考』『南游集』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「桂庵玄樹」の解説

けいあん‐げんじゅ【桂庵玄樹】

[1427~1508]室町後期の臨済宗の僧。長門ながとの人。別号、島陰。明に渡り、在明7年ののち帰国。薩摩さつまの島津忠昌の帰依を受けて桂樹庵を開き、「大学章句」など朱熹の新注による四書を日本で初めて刊行し、薩南学派の祖とされる。著「桂庵和尚家法倭点」「島陰漁唱」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「桂庵玄樹」の解説

けいあんげんじゅ【桂庵玄樹】

1427‐1508(応永34‐永正5)
室町・戦国期の臨済宗の禅僧。別に島陰とも号す。周防(山口県)に生まれたが,家系は明らかでない。16歳で出家し,南禅寺雲興庵の景蒲玄忻に法を受けた。また,建仁寺の惟正明貞,東福寺の景召瑞棠などに参じ,儒学の講説を受けた。この後,長門(山口県)の永福寺に移り,1467年(応仁1)天与清啓の遣明使に随行して入明し,73年(文明5)に帰朝するが,当時,京都は応仁・文明の乱の最中であり,このため京都に帰ることなく石見(島根県)に乱を避けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の桂庵玄樹の言及

【薩摩版】より

…同時期の大内氏(大内版)と同じく,島津氏も明と盛んに交易をするとともに,朱子学をはじめ学問や文化に深い関心を示した。1478年(文明10)島津忠昌(1463‐1508)は桂庵玄樹を招いて桂樹院を創立したが,桂庵が81年に開版した《大学章句》は,日本における《大学》(四書の一つ)の印行の最初といわれる。同81年には《聚分韻略(しゆうぶんいんりやく)》全5巻が開版されており,薩摩版の初めとされ,国立国会図書館などに現存する。…

※「桂庵玄樹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android