コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩国 さつまのくに

6件 の用語解説(薩摩国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩摩国
さつまのくに

現在の鹿児島県西半部の薩摩半島を中心に甑 (こしき) 島列島を含む旧国。西海道の一国。中国。もと熊襲 (くまそ) 国,日向 (ひむか) 国のなかにあり,「記紀」にみえる吾田 (あた) の地があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さつま‐の‐くに【薩摩国】

薩摩

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

薩摩国【さつまのくに】

旧国名。薩州とも。西海道の一国。今の鹿児島県西半部。古くは隼人(はやと)の居住地。7世紀末に朝廷の勢力下に入り,8世紀初めに日向(ひゅうが)国から分置されたとの説がある。
→関連項目伊作荘入来院鹿児島[県]九州地方

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

さつまのくに【薩摩国】

現在の鹿児島県西半部を占めた旧国名。律令(りつりょう)制下で西海道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は中国(ちゅうこく)で、京からは遠国(おんごく)とされた。国府と国分寺はともに現在の薩摩川内(さつませんだい)市におかれていた。平安時代中期以降、近衛(このえ)家を領家とする島津荘(しまづのしょう)が拡大した。鎌倉時代初期に島津忠久(ただひさ)が守護地頭となり、中世を通じて守護大名として勢力を伸ばした。同氏は戦国時代には日向(ひゅうが)国(宮崎県、鹿児島県)、大隅(おおすみ)国(鹿児島県)を合わせた3国を統一した。豊臣秀吉(とよとみひでよし)に降伏した後も一部を除いてその領地を保ち、支配は幕末まで続いた。幕末には倒幕運動の中心となった。1871年(明治4)の廃藩置県により、大隅国とともに鹿児島県となった。大隅国地域は一時都城(みやこのじょう)県に編入されたが、1873年(明治6)に都城県が廃止され、再び鹿児島県に移管された。◇薩州(さっしゅう)ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さつまのくに【薩摩国】

旧国名。薩州。鹿児島県西半部。
【古代】
 西海道に属する中国(《延喜式》)。大隅国と同じく日向国より分出し,合わせて南九州の三国,奥三州などと呼ばれた。《日本書紀》白雉4年(653)7月条に〈薩麻之曲竹島之間〉とみえ,《続日本紀》大宝2年(702)8月条に薩摩・多褹(たね)を征討し,戸を校(かんが)え吏を置く,10月条に唱更(はやひと)国司の言上で国内の要害に柵を建て兵を置くとあり,その説明に唱更国とは今の薩摩国府なりとあることから,このころ薩摩国は日向国より分出設置されたと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薩摩国
さつまのくに

西海道(さいかいどう)九州の一国。大隅(おおすみ)、日向(ひゅうが)とともに奥三州とよばれた。現在の鹿児島県の西半部にあたる。薩摩半島とその基部、属島に川辺(かわなべ)諸島、甑(こしき)島、長島などがある。北は肥後(ひご)、東は大隅および一部日向と接する。薩摩第一の大河川内(せんだい)川でおおむね南北に分かれる。北の紫尾山(しびさん)、南の冠(かんむり)岳・花尾(はなお)山・金峰(きんぽう)山・野間(のま)岳・開聞(かいもん)岳などは古来霊山として信仰された。開聞岳は古代しばしば噴火を繰り返し、山麓(さんろく)にある開聞(ひらきき)(枚聞)神社は北薩の賀紫久利(かしくり)神社と並んで式内社に列す。薩摩の号は『日本書紀』653年(白雉4)7月条に「薩麻之曲(さつまのくま)・竹嶋(たかしま)之間」とあるのが初見、『続日本紀(しょくにほんぎ)』702年(大宝2)10月条に唱更(はやひと)国司の言上があり、唱更国はいまの薩摩国とあるから、このころ日向国から分出したのであろう。709年(和銅2)6月の勅には「薩摩・多禰(たね)両国司」とある。隼人(はやと)居住の国で、阿多(あた)隼人、薩摩隼人、甑隼人の呼称がある。『和名抄(わみょうしょう)』に出水(いずみ)、高城(たかき)、薩摩、甑島、日置(ひおき)、伊作(いざく)、阿多、河辺(かわなべ)、頴娃(えい)、揖宿(いぶすき)、給黎(きいれ)、谷山(たにやま)、鹿児島の13郡35郷をあげる。等級は中国。豪族に阿多君、薩摩君、前君、衣君(えのきみ)などがあり、隼人の首長の系統かと思われる。班田の制は他国に遅れて800年(延暦19)にようやく実施された。国府は川内川北岸の高城郡にあり、近隣に国分寺、中世以降の一宮(いちのみや)新田(にった)神社などがある。
 古代末には郡郷制も乱れ、1197年(建久8)の図田帳(ずでんちょう)によれば26の郡、院、郷が等置記載されており、その大半が近衛(このえ)家領島津庄(しょう)寄郡(よせごおり)となっている。それらの各郡院郷司には平安末期勢威を振るった阿多郡司忠景(ただかげ)の同族の平氏や、大前氏、大蔵氏、伴氏など世襲するものが多く、ほとんど鎌倉幕府の御家人(ごけにん)となっていた。一方、守護兼総地頭には島津(惟宗(これむね))忠久が補任(ぶにん)され、北薩には地頭として初め下総(しもうさ)(千葉県)の千葉氏が、のち相模(さがみ)(神奈川県)の渋谷(しぶや)氏が入部した。以後島津氏はこれら郡司庄官らを統轄、その抵抗を排除服属させながら漸次守護大名へと成長していく。南北朝期、島津氏は師久(もろひさ)の統の総州家と氏久(うじひさ)の統の奥州家とに分かれるが、薩摩は総州家が守護職を相伝した。しかし室町期、元久(もとひさ)の代に奥州家は薩摩国守護職もあわせ、久豊(ひさとよ)の代に総州家を薩摩から追って領有した。居城も出水木牟礼(きのむれ)城から川内碇山(いかりやま)城、鹿児島東福寺(とうふくじ)城、清水(しみず)城と推移。戦国期の忠昌(ただまさ)の代には桂庵玄樹(けいあんげんじゅ)(薩南学派の祖)の招致など文運の興隆もみられたが、1535年(天文4)勝久(かつひさ)は国内の統治に失敗して出国、かわって伊作(相州)家の忠良(ただよし)(日新(にっしん))の子貴久(たかひさ)が鹿児島内城(うちじょう)に入って守護職を継ぎ、その子義久(よしひさ)、義弘(よしひろ)らとともに三州統一に成功、進んで肥後(ひご)、豊後(ぶんご)方面にも進出した。しかし1587年(天正15)豊臣(とよとみ)秀吉の九州入りによって義久は降服、薩摩、大隅と日向の一部が安堵(あんど)された。朝鮮出兵中の1594年(文禄3)太閤(たいこう)検地が実施され、薩摩国は28万余石と算定された。1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いでは義弘が西軍に投じたものの、巧みな外交で領国は安堵され、家久は鹿児島上山(うえやま)城の麓(ふもと)に居館(鶴丸(つるまる)城)を構え、城下町を整備。各郷に麓(府本(ふもと)、武士集落)を置く外城(とじょう)制度をとり、近世封建支配の体制を確立した。維新後、1871年(明治4)の廃藩置県により薩摩国は一円鹿児島県となった。
 温暖多湿、台風の常襲地帯、火山灰土壌などのため全般的に生産力は低いが、大隅に比し人口は稠密(ちゅうみつ)であったから、近世その地への人口移動が奨励された。三方を海に囲まれた環境で古来南島貿易が盛んで、海外文物の流入地となり、坊津(ぼうのつ)(南さつま市)、山川(やまがわ)(指宿(いぶすき)市)などがその拠点となっていた。[五味克夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の薩摩国の言及

【牧】より

…馬や牛を放し飼うために区画された地域。《和名抄》に〈むまき〉とみえ,この訓は〈馬城〉あるいは〈馬置〉の意といい,馬飼の音のつまったものともいう。《日本書紀》天智7年(668)7月の〈多(さわ)に牧(むまき)を置きて馬を放つ〉の記事を初見とするが,以前から各地に牧が置かれていたことは確かである。
[古代の公牧]
 牧には公牧と私牧とがあるが,律令制の整備につれて公牧の制度は急速に整い,《続日本紀》慶雲4年(707)3月条に〈(てつ)の印を摂津,伊勢等23国に給いて牧の駒,犢(こうし)に印せしむ〉とみえる。…

※「薩摩国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

薩摩国の関連キーワード安芸淡路国岩代国石見石見国大隅大隅国薩摩安房鹿児島県十島村

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薩摩国の関連情報