コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬名詩 やくめいしyào míng shī

世界大百科事典 第2版の解説

やくめいし【薬名詩 yào míng shī】

本草すなわち漢方薬材の名をよみこむ中国詩。一類の名物をよみこむ遊戯文学〈雑名体〉の一つで,多くはサロン的環境で制作される。5,6世紀,斉,梁の宮廷サロンに始まる。毎句に本草名をよみ,語意二様にはたらかせるなど,種々の技巧が用いられる。薬名詩の伝統は唐・宋を経て近代まで絶えないが,特に北宋の陳亜はもじりの技法を導入,また変文曲や戯曲,散曲などの俗文学では,それがますます奔放をきわめて遊戯文学の性格を強化している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android