コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬物乱用 やくぶつらんようdrug abuse

翻訳|drug abuse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薬物乱用
やくぶつらんよう
drug abuse

中枢神経に作用する薬剤を,治療目的でなく気分高揚,覚醒作用を得るために多用すること。ヘロインなどの麻薬覚醒剤以外にも,最近では睡眠薬,精神安定剤といった向精神薬の乱用が問題になっている。その一つに,処方せんなしで購入できる咳止め薬の多用がある。習慣性があり,乱用するとイライラ,下痢,幻覚症状などの精神症状を呈し,覚醒剤依存や麻薬の精神的な依存に似ているところから,日本薬剤師会,製薬会社では,乱用者と見られる者にはまとめて販売しないように呼びかける緊急注意文書を配布した。さらに,1989年6月には,国際麻薬防止デーに合わせ向精神薬等乱用防止連絡会が発足,医薬品の製造や輸出入,販売時に適切な管理を徹底するようマニュアル類を作成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

薬物乱用の関連キーワード薬物乱用による心の病気(薬物依存)国際薬物乱用・不正取引防止デー「ダメ。ゼッタイ。」普及運動麻薬・覚せい剤乱用防止運動あやしいヤクブツ連絡ネットドーピング(スポーツ)危険ドラッグと都道府県ハルシオンの副作用論議注意欠陥・多動性障害警察総合相談電話番号ロビン・ウィリアムズ問題解決型裁判所人間の安全保障特定秘密保護法ボン ミラー児童精神科医性(sex)境界線分裂病UNFDAC無動機症候群

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薬物乱用の関連情報