依存(読み)いぞん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

依存

ソフトウェアなどが、OSやパソコンの機種によって、利用できたり利用できなかったりすること。従属とも呼ぶ。パソコンの機種に依存することを機種依存、OSの種類に依存することをOS依存という。ソフトウェアのパッケージには、そのソフトウェアの動作するOS名や環境が記載されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

い‐そん【依存】

[名](スル)《「いぞん」とも》他に頼って存在、または生活すること。「会の運営を寄付金に依存する」「依存心」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いそん【依存】

( 名 ) スル
〔「いぞん」とも〕
他のものにたよって成立・存在すること。 「食糧の大半を外国に-する」
〘論〙 「依属いぞく」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

依存
いぞん

他に頼って在ること、生きること。人間の赤ん坊は、ほかの動物に比べてはるかに未成熟の状態で生まれるため、長い期間にわたって独力で生きていくことができず、周囲の大人、とくに母親からの扶養に頼らなければならない。これが対人関係における依存の原型である。子供は発育成長するにしたがって、自力で生活する領域を広げ、やがて独立した社会人として「自立」するが、これはかならずしも自分かってにふるまったり、「ひとりわが道をゆく」ことではない。われわれは、人と人とのかかわり合いの網目(あみめ)としての社会のなかに生きているのである。全面的な依存から出発した人間の成長した姿は、「ひとり立ち」ではなく、必要に応じ状況に応じて、お互いに依存しあう相互依存の状態である。[辻 正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐そん【依存】

〘名〙 (「いぞん」とも) 他のものに頼って生活または存在していること。
※大増補改訂や、此は便利だ(1936)〈下中彌三郎〉「いそん 依存 或者の存在又は性質が、他の者の存在性質に依て制約さるる関係を言ひ表はす語」
※農地法(1952)三条・二「農地及び採草放牧地を主としてその労働力に依存するだけでは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

依存の関連情報