中枢神経(読み)ちゅうすうしんけい

精選版 日本国語大辞典「中枢神経」の解説

ちゅうすう‐しんけい【中枢神経】

〘名〙 知覚、運動、創造などの諸機能を統御・調節する神経の総称。無脊椎動物の集中神経系に見られる頭部神経節や脊椎動物の脊髄など。特に哺乳類では大脳の発達がよく高次の神経統御・調節作用はここで行なわれる。中枢。神経中枢。比喩的に、中心になる重要な機関・組織の意にも用いる。〔新編教育学(1894)〕
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一「その反映は、金融上の中枢神経(チウスウシンケイ)である株式取引所の相場の上に明かに現はれた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android