コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍紙本万葉集 あいがみぼんまんようしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藍紙本万葉集
あいがみぼんまんようしゅう

平安時代古筆の一つ。薄藍色のすき紙に『万葉集』を書写した巻子本 (かんすぼん) 。「らんしぼん」ともいう。国宝。 20巻のうち巻9 (京都国立博物館) ,10,18の3巻が残巻として伝わる。藤原公任筆ともいわれたが藤原伊房 (これふさ) の書。料紙銀砂子をまき,天地の墨界がある。力強い書風で古筆五種万葉の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android