コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻子本 かんすぼん

7件 の用語解説(巻子本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巻子本
かんすぼん

「けんすぼん」とも読む。書物装丁のいちばん古い形。書写または印刷した紙を横に長くつなぎ,末端に軸をつけて巻いたもの。巻物。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんす‐ぼん〔クワンス‐〕【巻子本】

紙や布を横に長くつなげ、末端に軸をつけて巻き込むようにした書物。巻き本。けんすぼん。かんしぼん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

巻子本【かんすぼん】

図書装丁の最も古い,簡素な形状。いわゆる巻物(まきもの)。中国で後漢時代に紙が発明されて一般化。パピルスや羊皮を用いた古代ギリシアローマにも見られる折本(おりほん),冊子形式の発達とともにすたれた。
→関連項目奥書見返し

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんすぼん【巻子本】

横に長くて軸に巻いた,普通にいう〈巻物〉をさし,図書装丁の一形式で,冊子(さつし)形式をとる以前,東西両洋ともに行われた。ヨーロッパではポンペイ壁画の中に現れている。東洋では中国後漢に紙が発明されていらい一般化し,当初は紙を何枚か継ぎ合わせ,巻きたたむ〈継紙(つぎがみ)〉というものであったが,これに軸,表紙などをつけて,今日見るようなものとなった。隋・唐に最もひろく用いられたが,巻物の不便さに加えて木版がおこったので,図書の形式は折本(おりほん),冊子となり,巻子本はすたれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんすぼん【巻子本】

巻物の形に仕立てた書物。巻本。けんすぼん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巻子本
かんすぼん

「けんすぼん」とも読む。冊子形式をとる以前に行われた図書の古い形の装丁である。絹などの裂(きれ)や紙を横に長く継ぎ合わせ、軸を芯(しん)にして巻いたもので「巻物(まきもの)」ともいう。中国では後漢(ごかん)から唐にかけて広く行われた。わが国へは奈良時代に伝えられ、以来江戸時代まで経巻や絵巻物などにこの形のものは少なくない。軸は細い1本の棒を使うのが普通であるが、平安朝以後には、料紙の高さに応じて伸縮できる「合せ軸」も用いられた。軸頭には、紫檀(したん)などの木や琥珀(こはく)などの玉や石、金属、牙(きば)などが付され、その形も銀杏(いちょう)型、丸型、角型などがある。平安末期の善美を尽くした装飾経『平家納経』は、巻子本の極致を示すものである。[金子和正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

巻子本

「かんすぼん」と読む.パピルスや絹布,紙を何枚もつなぎ合わせて横に長くしたものに,文字や絵を書き,その末端の部分を軸芯にして巻き付けた書物.巻物,巻軸,巻本,継本ともいう.多くの地域で書物の初期の装丁形態は巻物であった.唐代の書物の代表的装丁であるが,宋代にもあった.日本では絵巻物として発達した.より簡便な形態が種々発達した後においても,大切なものは巻子本に仕立てられ,江戸時代にも往々見られた.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の巻子本の言及

【折本】より

…書物形態の一種。古く巻子本(かんすぼん)(巻物)から変形したもの。巻子本は開閉に不便なので,それを避けるため区欄を設け,区欄と区欄のあいだの空白をちょうど折りたたみ屛風(びようぶ)のように前後に折って冊子の形とした。…

【紙】より

…それによると,三国魏の荀勗(じゆんきよく)が編集した官府の蔵書目録には2万9945巻を数え,劉宋の秘書監謝霊運の目録では6万4582巻に増えている。当時の書物は紙を長く張り合わせ,中に芯を入れて巻いた〈巻子本〉であった。書物ははじめ儒教経典を中心としたものであったが,仏教が盛んになるにつれ,仏教経典の抄写も盛んになり,抄写を職業とする〈経生〉が生まれた。…

【製本】より

…このころから大量の出版製本は,蒸気機関や電力の力をかり,従来の手工芸的なものから漸次機械化され,各種製本機械の発明とともに,今日のような機械工業に発展した。 一方,東洋における製本の様式は,中国に端を発し,後漢のとき,紙の発明とともに,〈巻子本(かんすぼん)〉の形態がとられ,ついで繙読(はんどく)に便利なため,これをジグザグに折って,上下に薄板をあて〈折本〉の形をとった。さらに隋・唐のころには〈旋風葉(せんぷうよう)〉といって,表紙を二つ折りにし,そのなかに折本をはさみこみ,上下を表紙にはりつけたものがはやった。…

※「巻子本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

巻子本の関連キーワード巻軸湯巻絵巻物すやり霞横物左巻巻き絹巻物サクティ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

巻子本の関連情報