藤原近成(読み)ふじわらの ちかなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原近成 ふじわらの-ちかなり

?-? 平安時代前期の官吏。
筑後掾(ちくごのじょう)。仁和(にんな)元年(885)少目(しょうさかん)建部貞道らとはかり,前掾藤原武岡らに数十人をひきいて筑後守(かみ)都御酉(みやこの-みとり)をおそわせ,殺害した。首謀者として斬刑(ざんけい)とされるところ,により死一等を減じて遠流(おんる)に処された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android