斬刑(読み)ざんけい

日本大百科全書(ニッポニカ)「斬刑」の解説

斬刑
ざんけい

上世の律における五刑の一つ。斬首刑であるが、俗に打ち首ともいう。斬刑は唐律の呼称で、日本律では斬罪という。五刑のうち、死刑には(こう)と斬とがあり、絞のほうが斬よりも一等軽いとされたが、これは、中国で五体が満足で葬られないと魂が戻ってこないと考えたことに由来する。鎌倉・室町幕府法でも斬刑はあった。江戸時代でも斬刑が死刑の普通の形式であったが、幕府法上、斬罪の語は士分にだけ用いられた。庶民については、下手人(げしゅにん)と死罪との2種の斬刑があった。1882年(明治15)に施行された旧刑法のボアソナード原案においては、死刑は斬刑であったが、公布法典では修正されて絞刑となっている。

石井良助

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「斬刑」の解説

ざん‐けい【斬刑】

〘名〙 斬首の刑罰。斬罪。
続日本紀‐養老六年(722)正月壬戌「多治比真人三宅麻呂坐謀反、正五位上穂積朝臣老指斥乗輿、並処斬刑

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「斬刑」の解説

ざん‐けい【斬刑】

首切りの刑罰。打ち首。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android