コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斬刑 ザンケイ

大辞林 第三版の解説

ざんけい【斬刑】

首を切り落とす刑罰。打ち首。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斬刑
ざんけい

上世の律における五刑の一つ。斬首刑であるが、俗に打ち首ともいう。斬刑は唐律の呼称で、日本律では斬罪という。五刑のうち、死刑には絞(こう)と斬とがあり、絞のほうが斬よりも一等軽いとされたが、これは、中国で五体が満足で葬られないと魂が戻ってこないと考えたことに由来する。鎌倉・室町幕府法でも斬刑はあった。江戸時代でも斬刑が死刑の普通の形式であったが、幕府法上、斬罪の語は士分にだけ用いられた。庶民については、下手人(げしゅにん)と死罪との2種の斬首刑があった。1882年(明治15)に施行された旧刑法のボアソナード原案においては、死刑は斬刑であったが、公布法典では修正されて絞刑となっている。[石井良助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

斬刑の関連キーワード黒駒勝蔵(くろこまのかつぞう)引廻し(引回し)多治比三宅麻呂氷上志計志麻呂首足処を異にす鵜飼吉左衛門茅根伊予之介越智彦四郎石川内蔵允クリルタイ神永市兵衛武田耕雲斎池辺吉十郎市毛孝之介河合伝十郎氷上塩焼橋本左内長野義言雪村友梅クールテ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android