コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原長兼 ふじわらの ながかね

2件 の用語解説(藤原長兼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原長兼 ふじわらの-ながかね

?-? 鎌倉時代の公卿(くぎょう),漢詩人。
藤原長方の次男。母は藤原通憲(みちのり)の娘。正三位,権(ごんの)中納言となる。才学にすぐれて「文者三卿の内」と称され,「資実(すけざね)長兼両卿百番詩合」などに詩句をおさめる。建保(けんぽ)2年(1214)出家。三条中納言入道とよばれる。日記に「三長記」,故実書に「除目(じもく)撰定抄」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原長兼

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉初期の公卿。号は三条中納言。権中納言長方と藤原通憲(法名信西)の娘の子。初名頼房。蔵人頭,左大弁を経て建永1(1206)年参議。承元3(1209)年権中納言。建暦1(1211)年辞す。建保2(1214)年出家。九条家とのかかわりが深く,兼実,良経,道家の家司として仕えた。厳格な性格で政務に勤め,日記『三長記』ではしばしば当時の朝廷の人々の怠慢や退廃を嘆いている。儀式作法や詩歌に優れ『尊卑分脈』には「文者三卿の内」とある。藤原定家は日記『明月記』で「自分をたのむあまり,他人を軽んじ驕った言動をしたが,晩年はみじめで子孫は衰えた」と評した。

(吉田早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の藤原長兼の言及

【三長記】より

…藤原(三条)長兼の記した日記。長兼は藤原通憲(信西)を母方の祖父にもつ鎌倉時代初期の公家。…

※「藤原長兼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone