コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建保 ケンポウ

デジタル大辞泉の解説

けんぽう【建保】

鎌倉初期、順徳天皇の時の年号。1213年12月6日~1219年4月12日。けんぽ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんぽう【建保】

年号(1213.12.6~1219.4.12)。建暦の後、承久の前。順徳天皇の代。けんぽ。けんほ。けんほう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

けんぽう【建保】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1213年から1219年まで、順徳(じゅんとく)天皇の代の元号。前元号は建暦(けんりゃく)。次元号は承久(じょうきゅう)。1213年(建暦3)12月6日改元。地震が相次いだことから行われた(災異改元)。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。この頃、朝廷では後鳥羽(ごとば)上皇による院政が行われていた。建保年間の鎌倉幕府の将軍は源実朝(さねとも)(3代)、執権は北条義時(よしとき)(2代)。1219年(承久1)、源実朝は鶴岡八幡宮で甥の公暁(くぎょう)により暗殺された。これにより源氏の正統が断絶し、1226年(嘉禄1)の藤原(九条)頼経(よりつね)(第4代)就任まで、将軍職は空位が続くことになった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

建保の関連キーワード二階堂行綱(1)藤原親実(1)大納言局(1)長谷寺霊験記宇治拾遺物語源慶(2)喫茶養生記尊円法親王鶴岡八幡宮朝比奈義秀覚恵法親王たまきはる安倍久頼詠歌大概宅磨良賀災異改元知内温泉鮫島家高明義門院北条義時

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建保の関連情報