コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤堂高嶷 とうどう たかさと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤堂高嶷 とうどう-たかさと

1746-1806 江戸時代中期-後期の大名。
延享3年7月4日生まれ。藤堂高朗(たかほら)の子。藤堂高雅(たかまさ)の養子となり,宝暦12年伊勢(いせ)(三重県)久居(ひさい)藩主藤堂家7代。明和7年実弟で宗家の藤堂高悠(たかなか)の跡をついで津藩主藤堂家9代となり,名を高敦(たかあつ)から高嶷とあらためる。文化3年8月26日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

藤堂高嶷 (とうどうたかさど)

生年月日:1746年7月4日
江戸時代中期;後期の大名
1806年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の藤堂高嶷の言及

【津藩】より

…伊勢国(三重県)安濃郡津(安濃津)に本城をおいた外様藩。安濃津藩,藤堂藩ともいう。織田信包(のぶかね)が1569年(永禄12)以来津城主であったが,文禄年間(1592‐96)富田氏が移って付近5万石余を支配した。1608年(慶長13)伊予国から転封になった藤堂高虎が伊賀全国および伊勢国安濃郡,一志郡の内に合わせて22万石余の領地を与えられて,本格的な藩政時代となり,藤堂氏は廃藩置県まで津藩主として支配をつづけた。…

※「藤堂高嶷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

藤堂高嶷の関連キーワード藤堂光寛藤堂高兌津阪東陽生年月日藤堂高邁藤堂高敦藤堂高秭木下利徳後期