コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤崎吉五郎 ふじさき きちごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤崎吉五郎 ふじさき-きちごろう

1845-1866 幕末の武士。
弘化(こうか)2年10月生まれ。藤崎八郎の弟。土佐高知藩士。慶応2年9月12日宮川助五郎らとともに京都三条大橋付近で長州人捜索の札をぬきすてたところを新選組におそわれて闘死。22歳。名は楯彦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤崎吉五郎の関連キーワードマルクス経済学チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ドストエフスキーネクラーソフ(Nikolay Alekseevich Nekrasov)プロシア=オーストリア戦争英学プロイセン・オーストリア戦争イビーインブリーソーパー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android