藤田 文蔵(読み)フジタ ブンゾウ

  • 藤田 文蔵 (ふじた ぶんぞう)

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の彫刻家 東京美術学校教授;女子美術学校創立者。



生年
文久1年8月6日(1861年)

没年
昭和9(1934)年4月9日

出生地
因幡国法美郡(鳥取県)

旧姓(旧名)
田中

学歴〔年〕
工部美術学校〔明治15年〕

経歴
明治9年上京し、国沢新九郎主宰の彰技堂に学ぶ。同年工部美術学校に入り、ラグーザに師事して彫刻を学ぶ。16年彫刻専門美術学校を設立ようとするが失敗。22年の東京美術学校(現・東京芸術大学)開校に際し、23年同校雇となり、24年講師、33〜38年同教授を務めた。一方、32年に女子美術学校(現・女子美術大学)を創立し校長就任明治維新のあった人々の記念碑的肖像を多く手がけ、代表作に「有栖川宮肖像」「陸奥宗光像」「乃木将軍像」などがある。同窓だった大熊氏広らと共に日本近代彫刻の基礎を築いた。また熱心なクリスチャンで、明治20年代頃牛込教会長老として日本基督教会に属し、大正8年には四谷キリスト教会牧師となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1861年8月6日
明治時代-昭和時代の彫刻家
1934年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android