コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田憲貞 ふじた のりさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田憲貞 ふじた-のりさだ

?-1839 江戸時代後期の柔術家。
筑前(ちくぜん)(福岡県)黒田家の家臣。久保貞治に良移心当(りょういしんとう)流を,海賀藤蔵(直賢)に楊心(ようしん)流をまなび,為勢自得天真(いせいじとくてんしん)流(麓(ふもと)天真流)の祖となる。天保(てんぽう)10年5月死去。通称は麓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤田憲貞の関連キーワードタンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英ポー(Edgar Allan Poe)ジョイナーデグロンバスチャンヒルゲンドルフルーミス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android