コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘆溝橋事件 ろこうきょうじけん

世界大百科事典 第2版の解説

ろこうきょうじけん【蘆溝橋事件】

北京(当時は北平)の南西郊外にある蘆溝橋付近で1937年(昭和12)7月7日夜に始まった日中両軍の衝突事件で,日中戦争の発端となった。七・七事件ともいう。当時中国では華北侵略をはかる日本に対して抗日救国運動が高まり華北情勢は緊迫していたが,この夜蘆溝橋の北で夜間演習中の日本軍中隊長が実弾射撃の音を聞き,兵1名が不明となった(まもなく帰隊)ことから戦闘態勢に入り,翌8日夜明けに中国軍陣地を攻撃して戦闘にはいった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蘆溝橋事件の関連キーワード中国人民解放軍松井 太久郎香月 清司クレーギー河辺 正三盧溝橋事件谷 寿夫石原莞爾満州事変内閣参議通州事件郭沫若宋哲元

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android