動員(読み)ドウイン

デジタル大辞泉の解説

どう‐いん〔‐ヰン〕【動員】

[名](スル)
軍隊を平時の編制から戦時の編制に切り替えること。また、そのため兵士を召集すること。「動員されて戦地に赴く」
戦争遂行のために、国内の資源・工場・人員などを政府の管理下におくこと。「学徒動員
ある目的のために、多くの人や物を集めること。「観客を動員する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

動員【どういん】

平時編制の軍隊に,必要な人員,兵器,資材などを充足し,戦時編制に移行させること。近代の戦時兵力の増大に伴い,常備兵力は基幹部分にとどめ,戦時に予後備兵力などを動員するのが一般的となった。→国家総動員法
→関連項目復員

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どういん【動員】

軍隊,または国家の人的・物的資源を,平時態勢から戦時の態勢に,あるいは戦時の態勢からさらに強度な臨戦態勢に移すことをいう。旧日本では,陸軍はこれを軍動員軍需動員に分け,海軍では出師(すいし)準備といった。軍動員は,陸軍の編成を平時状態から戦時態勢にすることをいい,軍需動員は,軍の編成・運用に必要な物資供給輸送,研究,整備等についての組織と業務を,軍の運用を最も効率的に支援しうるように,戦時の態勢に移すことをいった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どういん【動員】

スル
ある目的のために人や物を組織的に集めること。特に、社会運動・労働運動で、運動に必要な人員を行動におもむかせること。 抗議集会に労組員を-する
軍隊を平時編制から戦時編制に切り替えること。 -令
国内の資源や設備・人員を国家や軍隊の統一管理のもとに集中すること。 明治時代の軍隊用語から

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐いん ‥ヰン【動員】

〘名〙
① 軍隊または国家の人的物的資源を戦時の体制に移すこと。軍動員と軍需動員及び国家総動員があった。
(イ) 軍動員は陸軍の編制を戦時の編制にかえることをいい、海軍では出師(すいし)準備といった。
※師団司令部条例(明治二九年)(1896)八条「動員計画作戦計画に関しては参謀総長〈略〉の区処を受く」
(ロ) 軍需動員は戦時または事変に際し、陸軍の軍需の要求を満たすため、関係工業を平時状態から戦時状態に移すことをいった。昭和一二年(一九三七)一〇月発動。
(ハ) 国家総動員は、有事国防目的達成のため、一切の人的物的資源を統制運用することをいった。昭和一三年(一九三八)五月発動。
※冷え物(1975)〈小田実〉「わたしが動員されていたのはパラシュートをつくっていた工場で」
② 転じて、ある目的のために、人や物をかり出すこと。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉四一「それで、一切は動員された━と云ふ訳であった」
※随筆寄席第二集(1954)〈辰野・林・徳川〉序「想像力、空想力、あらゆる力を動員しなければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動員の関連情報