コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇漢臣 そかんしんSū Hàn chén

世界大百科事典 第2版の解説

そかんしん【蘇漢臣 Sū Hàn chén】

中国,北宋末・南宋初の画院画家。生没年不詳。汴京(べんけい)(開封)の人。北宋末の宣和年間(1119‐25)に画院待詔となり,南宋の紹興年間(1131‐62)に復職して,徽宗,高宗,孝宗の3代に仕えた。道釈・人物画が巧みで,ことに嬰児・美人画を得意とした。確たる遺品はないが,院体様式の多くの宮女図,嬰児図が彼の作という伝称を与えられている。【戸田 禎佑】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蘇漢臣の関連キーワード貨郎図

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android