コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇漢臣 そかんしん Sū Hàn chén

1件 の用語解説(蘇漢臣の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そかんしん【蘇漢臣 Sū Hàn chén】

中国,北宋末・南宋初の画院画家。生没年不詳。汴京(べんけい)(開封)の人。北宋末の宣和年間(1119‐25)に画院待詔となり,南宋の紹興年間(1131‐62)に復職して,徽宗,高宗,孝宗の3代に仕えた。道釈・人物画が巧みで,ことに嬰児・美人画を得意とした。確たる遺品はないが,院体様式の多くの宮女図,嬰児図が彼の作という伝称を与えられている。【戸田 禎佑】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蘇漢臣の関連キーワード夏珪馬遠日観玉澗石恪銭選米友仁李唐郭熙曽先之

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone