嬰児(読み)えいじ

精選版 日本国語大辞典「嬰児」の解説

えい‐じ【嬰児】

〘名〙 生まれて間もない子供。赤ん坊。みどりご。
※本朝麗藻(1010か)下・覲謁之後以詩贈太宋客羌世昌、重寄〈藤原為時〉「児生長母兄老。両地何時意緒通」
※ささめごと(1463‐64頃)下「大仏南都にありといへらん程の事は、三歳の嬰児も知るなるべきか」 〔老子‐二〇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「嬰児」の解説

【嬰児】えいじ

みどりご。幼児。〔老子、十〕を專らにして柔を致し、能く嬰兒のごとくならんか。

字通「嬰」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android