嬰児(読み)エイジ

大辞林 第三版の解説

えいじ【嬰児】

生まれて間もない子供。あかんぼう。ちのみご。あかご。乳児。
生後三年ぐらいまでの子供。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えい‐じ【嬰児】

〘名〙 生まれて間もない子供。赤ん坊。みどりご。
※本朝麗藻(1010か)下・覲謁之後以詩贈太宋客羌世昌、重寄〈藤原為時〉「児生長母兄老。両地何時意緒通」
ささめごと(1463‐64頃)下「大仏南都にありといへらん程の事は、三歳の嬰児も知るなるべきか」 〔老子‐二〇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嬰児の関連情報